top of page

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

十代の頃から好きだった、ブラピとレオ。

今、当時の彼らほどの魅力は放つ若手俳優っているんだろうか。

きっと、今の若い世代にとっては存在するんだろうね。

誰しも若い頃は二度と戻ってきませんので、あの時のキラキラした憧れや高揚感を、

今の若い俳優に求めるのはおかしいという話ですね。

若い頃彼らの映画を見てはしゃいで、

そして今、オヤジになって、更に分厚い魅力を放ち続ける彼らの映画を見て、また高揚して、

これからも一緒に年を経ていける幸せを感じた、そんな日になりました。

タランティーノ監督の、エンターテイメント界への愛のこもったこの作品。

“ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド”

無邪気に映画作りをしてるのが手に取るように分かるタランティーノ監督の作品は、

自分も好きなことをちゃんとやらないと!

と思わせてくれます。

ピュア。

コメント


bottom of page