top of page

市原の奈良の大仏

市原の奈良の大仏て、、

どんなB級スポットよ。

と向かいましたお天気の日。

朝廷に反乱を起こした平将門が、下総付近にて新皇を名乗り、

京を真似して都を構えた際に、奈良の大仏を真似して建立したと言われている。

元々は銅で作成されていたが、現在のものは石製となっている。(Wikipediaより)

これが本当であればかなり歴史のある場所となるのだが、

史実としての裏付けに欠けるため、千葉県の名勝として指定されているらしい。

この写真からは全く伝わらないと思いますが、、

かなりイイ雰囲気の参道でした。

参道の横にはちょっとした公園やゲートボール場があったり。

時間が止まっているような雰囲気。

立っていた看板にはあまり詳しいことが書かれていません。

むしろ木についての説明の方が多い。

こちら大仏さまです。

前から。

後ろから。

最初、無礼にも

(小さいなオイ)

と思いましたが、

見れば見るほど神々しい佇まい。

樹齢の長い木々に囲まれ、

大仏さまのエリア一帯はオーラ全開。

結界、という感じ。

パワースポットは大小様々ですし有名だったり無名だったり。

ただ、ここみたいに多くの人が来ないパワースポットは、

穏やかで、生き物も生き生きして見えて、

このままであってほしいと思います。

人が作って維持してきた場所だから、

これからも人が守っていかないといけない。

こちらの大仏さまは、

2011年の大震災により、像は台座から落ち壊れてしまったけれど

市と住民が費用を折半して修復されたとのこと。

そんな大仏さまのお顔は、なんとも穏やか。

この日のセルフポートレートはなぜかピントが合いませんでしたが

ピントが合わないのがちょうどイイ、ノスタルジー感でした。

Opmerkingen


bottom of page