top of page

フェス。

フェスという言葉は今や、

意味を考えるまでも無い日本語になりました。

フェスというとなんだかかっこいいですし、

フジロックやサマソニなど音楽フェスが、”フェス”って感じします。

でもフェスってフェスティバルですから、

日本でいいうところのお祭りです。

おそらく”共通の何か”を持っている人たちが集まれば、

集まった全員が楽しめる何かができます。

それがお祭り。

べつに規模が小さくてもお祭りですし、

共感する人が増えれば、規模は大きくなっていくのでしょう。

すでにある伝統的な”お祭り”やポピュラーな”フェス”

今すでにあるものに参加するのもいいですが、

お祭りは、今生きる自分たちが作りだせるもの。

今作り出したお祭りが、100年後、

それなりに歴史のあるお祭りになっている可能性があると思うと

ドラマティック。

去年出会った、里山での音楽フェス。(千葉県夷隅郡大多喜町)

※右はゲストハウスわとや、左下がフェスの様子。

このフェスの主催者であり、ゲストハウスわとやのオーナーでもあるカズさんは、

「土地を守ってきた地域の人たちと、移住者である自分たちが、一緒になって豊かな暮らしを考えることのできる場所でありたい」

と、里山の小さな音楽フェスを開催しています。

WA-NO CHIKARAの「WA」は四つの意味があります。

和・還・輪・話

去年の夏に、わとやで1ヶ月、

自然とそこに集まってくる人たちと寄り添い、

撮りたい時だけ写真を撮りながら過ごした時に

私が感じた「WA」

「嬉しいは調和」

なにかしら嬉しい感情がわく時、

そこには必ず調和がありました。


※去年のフェスのend roll(12分)

「調和」をテーマに作りました。

音楽は、当日アーティストのみなさんに即興でつけていただいたもの。

WA-NO CHIKARA 里山の音楽フェスで

いろんな人にそれぞれの「WA」を感じてもらいたいな〜と、

私も去年から、微力ながら写真で参加しています。

共感する人が集まると、何かしら正の反応が起きると感じます。

今年も新しい「WA」を発見できますように!!!

——————————————–

WA-NO CHIKARA2018(わとやフェス)

日時:6月2日(土) OPEN10:30  START11:00〜20:00

場所:わとや 千葉県夷隅郡大多喜町筒森810

チケット:2000円(小学生まで無料)

興味ある方はSHARまでご連絡くださいませ*

——————————————–

WA-NO CHIKARA 2018 紹介movie(2分)


Bình luận


bottom of page